​講座・WS・プログラム

PIJ は、世界中に広がるパスワークコミュニティーの一部として、パスワークの原理に基づく霊的な学びと探求のための機会をつくってきました。「魂の航海図」と呼ばれるパスワークの慈愛と叡智に満ちたレクチャーからの教えを学び、自己、他者、また神聖なるものとの関係性において、統合的な存在の状態が可能になるように、自己浄化、自己変容、そして自己成長のプロセスをサポートする器となるグループでの学びの機会を以下に紹介します。(なお、個人を対象にした、個人セッション集中インテンシブワークについてはウェブサイト上の「個人セッション関連」からどうぞ)

パスワーク・イントロダクションや国内外のパスワークのティーチャーによるグループ瞑想会は1回2時間程度でどなたにもパスワークの学びにふれていただく機会になっております。どちらの企画もパスワークのレクチャーに基づいた講義があります。

年に数回程度企画させていただいているワークショップでは講義と実際のパスワークのワークの体験ができる機会になっています。

 

なお、パスワーク自己変容プログラム(PTP)およびパスワークヘルパーシッププログラム(HTP)は、年単位の長期プログラムです。

エントリーするにはレクチャースタディLS1の受講とPIJの主催するワークショップへの1回以上の参加が前提条件となっております。ただし、2019年12月開講の第2期PTPプログラム受講要件を現地点で満たしていない方で、参加ご希望の方はPIJにお問い合わせください。

なお、HTPはPTPを修了された方のみがエントリーできる上級プログラムです。

​それぞれの予定の最新情報ニュースレターやこちらのウェブサイト上の「スケジュール(年間予定)」でも随時お知らせしています。

​ オンライン講座(年数回 2時間程度)

パスワークとは何か、パスワークの理論の概要とワークの重要なポイントについてパスワークの講師が解説します。オンライン講座でどなたでも参加できます。  →入門オンラインセミナー、イントロダクションセミナーのご案内はこちら

​ 講義付き瞑想会(年数回 2時間程度)

パスワークのレクチャーのテーマをもとにした講義と瞑想会をパスワークの講師が行います。オンラインと対面によるものがあります。どなたでも参加できます。 →過去の対面グループ瞑想会の案内はこちら

​ レクチャースタディ(全10回   月1回)

レクチャー・スタディー クラスは、パスワークを学ぶ上での最初のステップとなります。また、このクラスを通して、とても深い繋がりを築いてゆくようなクラスメートと出会う機会にもなるでしょう。クラスは、トレーニングを受けた先生がファシリテートしており、基本的なパスワークの内容を扱うレクチャーが選ばれ、詳細に学ぶことができるような機会となっています。各クラスでは理論的・体験的にレクチャーの内容を深め、レクチャーで扱われている内容が私たちの人生でどのように展開されているのかということについて話し合います。また、それぞれの人のシェアリングとプロセスから、多くのことを学ぶことができます。どなたでも参加できます。

​レクチャースタディはLS1からLS4まで各10回ずつありますが、PTPプログラムの入学にはLS1を受講済みであることが前提条件です。→レクチャースタディ一覧はこちら

​ワークショップ(年数回  1〜4日間程度)

パスワークのワークショップは、通常1日間~4日間の日程で行います。パスワークのあらゆるツール(プロセスワーク、瞑想、儀式…)を使いながら、このワークショップでは私たちの精神の内なる次元を探っていきます。

感情的なプロセスワークと霊的(精神的)な統合実践が組み合わされた変容のためのグループプロセスを体験し、安全なグループとしての器の中で深いヒーリングを経験してゆきます。多くの参加者は、このワークショップにより人生の変化を体験し、その後、何度も参加されてゆきます。どなたでも参加できます。PTP受講はワークショップへの1回以上の参加が前提となっております。

 PTP パスワーク自己変容プログラム(約3年)

パスワークの中核となるプログラム「PTP(パスワーク自己変容プログラム)」。
本プログラムは「魂の旅(Journey of the Soul)」をテーマに、自己変容するための約3年(前期後期1年半ずつ)におよぶプログラムです。私たちの日々の経験をスピリチュアルの実践に結び付け、自己を成長させ、真実の中に生き、そして愛を選択するための力を育てます。自分の中にあるネガティビティと真摯に向き合い、受け入れ、そして変容させることで自分自身の生の質を高め、私たちを取り巻く世界に存在するネガティビティを変化させていきます。原則としてパスワークのレクチャースタディ1を修了かつPIJ主催のワークショップへの1回以上の参加経験のある方がエントリーの前提条件となります。(前提条件が満たいない方はPIJまでお問い合わせください)

2019年12月開催のPTPプログラムの詳細については、こちらから受講案内をダウンロードできます

HTP パスワークヘルパーシッププログラム(約5年) 

「HTP(パスワークヘルパーシッププログラム)」とは”Helpership Training Program”の略称で、3 年間のPTP を終えて成長・成熟し、さらに真の自己の探求を深めたい、パスワークのヘルパーやティーチャーになりたいと思う人のためにデザインされたプログラムです。

PTP では、じっくりと自己の癒しと変容に取り組むプロセスを経てきました。これから始まるHTP では、引き続き自己の癒しに取り組みながらも、自分のためだけではなく、周囲の人たちとパスワークの叡智をシェアする専門的な方法を習得していきます。

 

HTP の最初の2年間を修了された方は、必須要件を満たしていれば、レクチャー・スタディのクラスを開催するLS ティーチャーとしての認定が得られます。また、5年間を修了された方は、必須要件を満たすことにより、スピリチュアルカウンセラーであるパスワーク・ヘルパーとしての認定を受けます。 

 

また、HTP は専門的な教育でありますが、「自身の癒しと成長のため」という目的で参加していただくことへも対応しており、そのような方にとっても価値あるプログラムです。

*PTP修了者がエントリーの前提条件となります。
 

© 2023 by Natural Remedies. Proudly created with Wix.com

Pathwork in Japan

Go to link