NEW  さらにパワーUPし、第2弾の募集スタート!

   

​​     <豊かさへのトランスフォーメーション〜欠乏意識から真の富へ>

       海外シニアヘルパー陣によるオンラインWS全4回シリーズ 第2弾

               2021年7月〜11月 通訳 大前みどり

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルスの世界的蔓延に伴い、私たちの暮らしが今、大きな変化を余儀なくされています。

健康に対する不安だけでなく、経済的にも精神的にも閉塞感を持ちながら、収束の見通しが見えないトンネルの中をどう潜り抜けていけば良いのか、忍耐強く日々を過ごされていらっしゃる方も多くいらっしゃると思います。

また、こうした人生の局面で「何を手放し、何を大切にしていくのか」といった問いに直面し、新しい環境や関係性のもとで生きることを選択された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

パスワーク・イン・ジャパン(PIJ)では、こうした社会の状況を鑑み、2021年2月から5月の4ヶ月にわたり『Meeting The Unwanted 〜人生で起きて欲しくないこととどう向き合うか〜』をテーマに、困難や危機をどのように乗り越えて生きるか、ベテラン・シニアヘルパー のブライアン・オードネルとマデリン・ディートリッヒを講師に迎え、全4回シリーズのワークショップを開催し、多くの方々にご参加いただきました。

 

その流れを踏まえ、PIJでは、前回の企画をさらに発展させ、新シリーズとして『豊かさへのトランスフォーメーション〜欠乏意識から真の富の状態へ〜』をテーマに、全4回のオンラインワークショップを開催する運びとなりました。 新シリーズでは、人生上の大きな変化に伴って表面化しやすい、富や財産など物質的なものを失う恐れや、慣れ親しんだパートナーシップや関係性の破綻による痛み、自分には豊かさを新しく創造する力はない、といった「欠乏意識」の状態から、いかにして「真の豊かさ」を創造していく力を私たちが取り戻していくかについてパスワークのレクチャーをもとにエクササイズを通して学んでいきます。

 

講師陣には、前回シリーズで大変ご好評をいただいたシニアヘルパーのブライアン・オードネルとマデリン・ディートリッヒに加え、パスワーク長期プログラムの講師でもあるアリソン・グリーンバートンとウェンディ&トム・ハバード夫妻も参加。一つのテーマを巡って、シニアヘルパー達が語るまさに「オールスターズ企画」が実現しました。 今回のシリーズでも各ベテラン・シニアヘルパーが、これまでの実体験を踏まえ、パスワークの観点からどのように物質面や関係性、創造性といった側面で「真の豊かさ」の状態へとトランスフォーム/移行していったかということをシェアしながら、皆様の人生に役立てていただける実践的な内容をお届けします。

 

オンライン形式どこからでも、そしてどなたでも参加できる企画となっております。この大いなる移行の時期を意義あるものにする潜在的な力が私たちには備わっています。その力を発動させていく「転機」となりうるワークショップかと思います。皆さまと共に、そのときを迎えることを、楽しみにしております。

各回の小テーマ、詳細や日程については以下をご覧ください。内容詳細及びお申し込みリンクを掲載しています。また、今回は特別企画WSとして、各回で使用するガイドレクチャーについては、お申し込みいただいた方全員に無料で送付させていただきます。(すでにお持ちのレクチャーがお手もとにある場合、受講料からレクチャー分代金の割引はありません。あらかじめご承知おきいただければ幸いです)

👉お申し込みはこちら(全4回一括及び各回いずれもこちらのフォームから受付中)

            

<全4回WSシリーズ 開催詳細・お申し込み>

 

単発参加可能。各回とも受講料は新シリーズでも特別価格の一般の方 税込7000円(ただし、第2回目アリソン氏のWSをお申し込みいただいた一般の方は、ご優待価格として5000円とさせていただきます!PTP・HTP・LS受講生および修了生は税込6000円/PTP・HTP・LS受講生および修了生の紹介でお申し込みいただいた一般の方 税込6000円(第2回目アリソン氏のWSについてはこのカテゴリーの方も5000円となります)

各回ごとの分割払いも可能です。

 

各回の受講料金にはガイドレクチャー代が含まれています

オンラインZOOM使用します(各自でご準備ください)

通訳は大前みどり(予定)

​*お申し込みの際は、こちらの同意書をご確認の上、お手続きください。

 

 

 

第1回テーマ『豊かさへのトランスフォーメーション~欠乏意識から真の富の状態へ~』

 

①2021/7/17(土)9am-11am   講師ブライン・オードネル ←第1回目好評のうち終了しました。

 

👉人類の殆どは、不足、欠乏、永続的な恐怖、そして十分持っていないという感覚と経験の中で生きています。この見方は、貪欲、羨望、恨み、罪悪感をもたらします。この一般的な不足という見方は、殆どの霊的教えが示している、私たちの真の本質であり運命である、パスワークガイドが「非常に強い豊かさ」と表現するものとは、とても対照的です。恐れることは何もないことを実感する意識の状態。この霊的気づきは、寛大さ、奉仕、人生の安らぎ、充実、愛をもたらします。

このオンラインクラスでは、永続的な不足の状態から恩寵と真の富の状態への移行を探究します。クラスでは、この概念を生きたものにする為、教え、ディスカッション、エクササイズ、瞑想を行います。

 

💎参考ガイドレクチャー #250「内なる恩寵への気づき〜欠乏意識を明らかにする」

👉お申し込みはこちら 

第2回テーマ『瞑想を通して人生の豊かさを創造する』←第2回目好評のうち終了しました。

②2021/9/11(土)9am-11am  講師アリソン ・グリーンバートン

❣️アリソン特別特典として、一般の方は5000円となります

 

👉「瞑想とは、意識的で、意図的な創造です。それは、想像できるかぎり最もダイナミックで創造的な行為のひとつです。そのことを知っていようといまいと、あなたは常に創造しています。あなたが何者であるのかによって、感情と、意識的または無意識的な考え方や信念の総計がどのようなものなのかによって、そして行動や反応を決定づける概念によって、さらにはあなたの目標や態度によって、あなたは創造しているのです。あらゆる思考は創造物であり、それには結果が伴います。それは、その思考を表すような特定の結果をもたらします。」パスワーク ガイドレクチャー194番

この2時間のクラスの中では、パスワークにおける豊かさの原理と瞑想プロセスをワークすることで、アリソンがどのように自身の貧しさの意識から経済的な豊かさの意識に人生を変容させたのかをシェアします。

 人生に豊かさを意識的かつ意図的に創り出す為の瞑想の4つのステップについて教えます。ガイドが「創造力」と説明しているもの、私たちの魂の創造的物質を活性化し、それを鋳型とし、前向きで人生を向上させる態度の中で豊かさを具現化していくことを可能にする、その力についてシェアします。人生により多くの豊かさを創り出す為のツールとして瞑想を使うには、あなたが手にする新しい可能性と新しい意識状態を心に描けるようになる信頼が必要です。このプロセスは、あなたが神聖なる創造プロセスに対して、自らを開き、信頼する時に動き出します。

💎参考ガイドレクチャー#194「瞑想 その法則と多様なアプローチ」

👉お申し込みはこちら

第3回テーマ『”恐れ”を通り抜け、望むものを抱きしめる』←受付中!

 

③2021/10/19(火)20pm-22pm  講師 ウェンディ&トム・ハバード夫妻

👉私たちは誰でも、豊かさを望みます:健康、繁栄、喜び、若々しい活力、親交、長生き、また永遠の命! 私たちが人生で一番欲しいものを創るのを妨げているものは何でしょうか?まさに今この時にでも、恐れがハートと魂から根絶された瞬間に、手に入れることができる全てへと近づくことを妨げる鍵のかかった大いなる扉。それが恐怖です。

 2時間のオンラインクラスでは、ガイドレクチャー130番の教えを通して、どのように恐怖が私たちを制限し、人生の充実に達するのを邪魔するのかを学びます。欲しいものが手に入らないのではないかと恐れるのではなく、望むものを抱きしめられるよう、人生との調和的受容と創造的関わりへと恐怖を変容させるステップを学びます。ワークショップに参加される方が、自身の恐れを特定し、人生により多くの楽さと充実をもたらすことの助けになるよう、教え、ディスカッション、エクササイズを使っていきます。

💎参考ガイドレクチャー#130「恐怖を通り抜けることで、真の豊かさを見つける」

👉お申し込みはこちら

第4回テーマ『無意識の抵抗に気づき、”信頼して待つ”あり方を学ぶ』受付中!

④2021/11/17(水)20pm-22pm  講師マデリン ・ディートリッヒ

👉レクチャー208番では、「霊的法則」の概念を私たちの創造的能力に関わるものとして説明しています。

このレクチャーは、豊かさを含むポジティブな人生を創造する能力を伸ばすことへのガイダンス(助言)を提供しています。それは、パスワークの原則である、自己認識を深め、原因と結果を探究し、より望ましい状態への無意識の抵抗と向かい合い、創造の顕現を「信頼して待つ」ことの学びを通してもたらされます。

クラスでは、レクチャーで語られる概念の重要な要素を、瞑想、教え、内省のエクササイズ、グループディスカッションを通して探求します。マデリンは、ポジティブな人生創造の為のパスワークの方法を使い、彼女自身の人生経験をシェアします。

人間がその肉体とエゴの状態をこの三次元の世界に選んできたとき、それまでの状態では自然に持っていた人間には理解出来ないような、閉じ込められてなどなく、より自由で、より覚醒していて、より無限に自分の人生を作り上げる能力がある、という記憶を消し去ってしまいます。そして、その記憶と引き換えに感情と態度が法外に大きいのです。この能力・パワーは今も人に同じように存在していますが、ただ人がつながりを持っていないだけなのです。人はこの瞬間に自分が正確な方法で作り上げたかつての体験に間違いがあることなどありえない、ということを知らないのです。しばしば言ってきたように、あなたの意識、半意識、無意識、明示されたまたは明示されない思考、信念、過程、意図、感情、情動、意志の方向、の総合計が…衝突はおこるかもしれませんが…明確な結論を創造するのです。この結論はあなたの現在の体験であり、あなたの人生の道はあなたのために展開しています。現在の人生は、完全な数学の方程式のごとく内的状態を示しています。だからそれは内的領域への地図として大変うまく使うことが出来ます。これはパスワークの方法の一部なのです。

💎参考ガイドレクチャー#208「人間の持って生まれた創造の力」

👉お申し込みはこちら

ornament-709787_1920%E3%81%AE%E3%82%B3%E
赤字悪循環.jpg
真の豊かさへ.jpg

<講師紹介>

ブライアン・オードネル

⭐️第1回目担当

Brian Front.jpg

パスワークのシニア・ヘルパーであると同時に、ミシガン州アン・アーバーで臨床心理士としても活躍している。また、精神力動療法、人間性心理療法、体心セラピーなど幅広い分野を学び、トレーニングを受けてきている。

心理学博士。

アメリカを中心にヨーロッパや南米、アジア、そしてイスラエルなど、世界中から講師として招かれ、パスワークの叡智を新しく学ぶ者たち、より深く学びを進める者たち、そして経験を積んだヘルパー達にパスワークの叡智を教え、その素晴らしさを分かち合っている。

余暇にはアスリート、そして瞑想者であり、動と静の両面に深く関わることをこよなく愛している。

アリソン・グリーンバートン

⭐️第2回目担当

パスワークのシニア・ヘルパー、ティーチャー、スーパーバイザー、プログラム・ディレクター、プレジデント、ボード・オブ・ディレクターそしてヘルパーシップ・アソシエーション・グループのメンバーとして40年以上に渡りパスワークに携わる。これまでに、米国、ブラジル、オーストラリア、日本、英国、ドイツと世界各地でパスワークのワークショップ、プログラム、トレーニングを開催。アリソンは、児童・家族療法家、クラニアルセイクラル(頭蓋仙骨療法)療法家、カステリーノ出産前・出産後療法家、ソマティック・エクスペリエンス・プラクティショナー、エナジー・ヒーラー、シャーマン、ブレスワーク・ファシリテーターとしての訓練及び演技表現ムーブメント(AEM)の訓練を受け、発達初期の(物理的および精神的)傷病を原因とするトラウマの治療を専門とし、クライアントの実年齢とは関係なく、一人一人がそれぞれ持っている魂の誕生を手助けすることを何よりの喜びとする。
息子のローアンとともに米国マサチューセッツ州アマーストに在住。

スクリーンショット 2019-07-26 午後5.18_edited.png

ウェンディ&トム・ハバード

⭐️第3回目担当

Tom-Wendy Hubbard 2.jpg

ウェンディ・ハバード(Wendy Hubbard) 

ウェンディは、20年以上に渡りパスワークを学び、実践してきた。現在は、アメリカの中部大西洋地域でシニア・ヘルパーとして活躍、PTP(自己変容プログラム)やパスワークの上級クラスを教えている。そして新しいカリキュラムの開発にも力を入れている。

ウェンディはカップル・ワークを得意としており、夫のトムとともにカップルのためのグループ・ワークも行っている。夫のトムもパスワーカーであり、シニア・ヘルパーとして活躍。パスワークを学び実践してきたことが、2人の結婚をかけがえのない、生き生きと喜びあふれるものにしていると思っている。

ウェンディは、パスワークのほかにヘリンガー・ファミリー・コンスタレーションのトレーニング、トラウマのワークを受けている。

プライベートでは、5人の孫を持つおばあちゃんでもある。

トム・ハバード(Tom Hubbard) 

2003年にパスワークのヘルパーになって以来、経験を積み、今でも学びを続けている。入門クラスから上級、そしてPTP(自己変容プログラム)、さらにはヘルパーを育てるHTP(ヘルパーシップ・プログラム)まであらゆるレベルにおいてパスワークを教えている。アメリカの各地域および世界的にパスワークのリーダーとして、またパスワーク財団の出版部門であるパスワーク・プレスのディレクターとして活動し、同時にパスワークの聖地と言われ現在パスワークの本拠地を置くアメリカ中西部大西洋地域にあるセブン・オークスで評議委員会のプレジデントとして活躍している。

トムは社会福祉分野やビジネスの分野でキャリアを築き、同じくパスワークのヘルパーとして活躍しているウェンディと結婚。そしてパスワークの真摯な学びと実践の結果として豊かな関係性を築いている。関係性における問題のより深い意味を見つけることをサポートすることがトムとウェンディの大きな喜びの一つである。そのワークにおいては、クライアントが自分自身でより深い自身の感情・肉体・精神とのつながりを見つけることができるように、サポートしている。

マデリン・ディートリッヒ

⭐️第4回目担当

Madeline picture_edited.jpg

マデリンは、パスワークのシニアヘルパーであり、ソマティック・エクスペリエンス・プラクティショナーである。修士課程修了。彼女は“アンロック・プレジァー・プロジェクト”(神を知るための道として歓びを再定義する目的で作られた学び)の創始者でもある。マデリンは、生徒として、先生として、ヘルパーとして、コミュニティーリーダーとしてパスワークのレクチャーを1980年代中頃から学んできている。彼女は様々な癒しの様式を統合した形でセラピストとして25年間開業している。彼女の専門分野は主に、トラウマ療法、心理療法とスピリチュアリティを統合した形での療法、歓び、セクシュアリティ、関係性に関する領域である。彼女は、自然、聖なる女性性、創造的な表現に関する情熱をもっており、それを彼女のワークに生かしている。